カロリーオフ [街]






 目には青葉 山ほととぎす 初かつお   by 山口 素堂

今年の五月も、あの店の鰹のたたきと刺身がコロナの影響で食べられません。
もちろん、脂ののったもどり鰹も食べられません。
我慢強いなぁ~。
誰もほめてくれないから、せめてもの自画自賛です。
スーパーや魚屋で買った鰹は食べているのですけれど、ね。
あの店のが食べたいおやじなのです。


SDIM1064b.jpg


行かないと決めたら行かない。
それなりに意志は強いのですが、ときどき意志薄弱になります。
それが僕の弱点のひとつです。


SDIM1147d.jpg


ダイエット中だといつかのブログに書きました。
まだ、継続中ですが、夕食後にいただきもののケーキをひとつ食べました。
せっかく持って来てくれはったのに申し訳ない、と、ついつい油断です。
翌朝、なぜかベルト周りが育ったような感覚がありました。
微妙な体型の変化がわかるようになって来たんやと喜びながらも、しっかり反省です。
これから薄着になる季節、横向きで鏡に全身を映して、ガックリしたくないですもん。
ぽっこり腹回り、少しはマシになって来たのに、元の木阿弥にならないように意志は強く、です。


SDIM1259b.jpg


コンビニで目をひかれるのが「カロリーオフ」の文字。
「当社比50%減」とあるのは無視黙殺、元のカロリーがわからへんやんけと、手に取りません。
第三のビールにもカロリーゼロの表示がありますが、これも無視。
カロリーゼロのビールのどこが美味いんじゃ!です。
そこまでして飲みたくない天邪鬼は健在です。


DSC01059b.jpg


話は変わってラーメン。
いっぱい飲んだあとのラーメン、もう長い間ご無沙汰しています。
ラーメン食べるならうどんか蕎麦に変わりました。
うん、なかなかいい傾向やと自画自賛です。
かかりつけのお医者さんいわく、汁まで飲むとうどんでも塩分取り過ぎに注意やで、と一言がありました。
おやじとしてはうどんくらいええやんけ、ですが、なぜか汁を残す僕がいます。
軟弱やなぁ。

話は変わって「とんき」さん。
大阪の南の玄関口、JR天王寺駅のすぐ隣にある商店街です。
うら寂れた雰囲気が漂います。
写真のラーメン屋「とんき」、今はもうありません。
理由は不明ですが、なくなっていましたよ。
先週に続いて今週も廃業された店の写真です。
なんか寂しいなぁ。
こんなところから大阪の経済がジワリジワリとますます沈んで行くんやろか、さて。
景気のええ話し、聞こえてきません。
大阪の経済までカロリーオフかいな。
せめて景気づけにビールの一杯、飲みたいけれど、まだまだ我慢です。
コロナだけでなく、原因不明のこどもの急性肝炎、欧米に登場したサル痘なるウイルス、どう気をつけたらええんやろか難儀やなぁ、ですよ。
普通に鰹の食べられる日、いつになったら来るのやら、さて。








あしあと(110)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あしあと110

コメント 14

コメントの受付は締め切りました
mitu

目に青葉 山ほど食べな 初かつお^^
コロナがなければね、季節を思いっきり感じたいものですね
いつも写真がキレイですね。
by mitu (2022-05-22 04:35) 

tommy88

鹿児島のもどり鰹、食べさせてくれた年下の親友は既にいません。年金を貰うことなくこの世を去りました。東京五輪を楽しみにしながら、水泳の惨敗を見て消えていきました。もういちど、一緒に飲みたかったなぁと、悔しく思います。体が最近は知っていて、脂っこいものを夜に食べようとはしません。飲んだ後にラーメンは受け付けてくれません。飲み放題も食べ放題も、文字を見ただけで気持ち悪くなります。おいおい、追い追い、老い。◆赤色の花を写すのが難しいと感じ、避けてばかりいます。◆6月15日からかなり健康的な生活に入ります。摂取カロリーに匹敵する運動が義務付けられました。年内に、そのお腹を何とかしなさいの指令が出て、妻に披露するためです。◆ぼくにはあなたの勇気と正義が必要なんです。あなたがぼくのうしろにいて、『かえるくん、がんばれ。大丈夫だ。君は勝てる。君は正しい』と声をかけてくれることが必要なのです。(村上春樹『かえるくん、東京を救う』 より)◆昔、文部省の視察でアメリカに行きました。ある中学の若い女性校長と接した時、「ミズ・ステファニー」と呼びかけたら、「ノーノー」と否定されました。「ドクター・ステファニーと呼んでね」と訂正されました。TVドラマを見てるような毅然とした態度でした。◆大阪が私の生まれ故郷なのですが、実感が全くありません。年に一度か二度、大阪遠征を入れていますが、大阪の街は怖いです。なぜそうなるのか分かりません。

by tommy88 (2022-05-22 05:18) 

HOTCOOL

私も意志薄弱です。子供の頃、親や先生から「意志薄弱児童」と今ではパワハラとも言える呼び名をつけられていました^^:
子供心に「臨機応変」だーと思っていましたけどね(笑)

by HOTCOOL (2022-05-22 05:54) 

みうさぎ

うふふ
カロリーオフほんまかいなー
とは思ってる。財布はダイエット気味になってきました…経済もダイエット中ですわ。世界平和を願ってます。(笑)

by みうさぎ (2022-05-22 08:28) 

Lonesome社っ長ょぉ〜

季節を楽しむ食材や自分の好物をいかに軟食に変化させるか、
これが当面の課題となりそうなもうすぐ退院の身です。鰹は
本当に叩いてなめろう風にするしかないのでしょうか。
備蓄がついに取り崩されることになり、毎朝計測の体重がついに
何十年被りで下の台に突入してしまいました。1日の摂取カロリーが
少なすぎる感が否めません。だからコンビニプリンやティラミスで
補給して増量努力中です。
ラーメン、何時頃すすれるようになるのでしょうか。きつねうどんに
ざるそば、ブログに戻れたのは嬉しいけど、やっぱり恨めしや食べ物
トピックが満載です。これも試練と、同じく修行の身です。

by Lonesome社っ長ょぉ〜 (2022-05-22 08:44) 

いろは

こんにちは^^
薫風という季節が好きです。
初かつおはまだですが...
青葉のモミジ、清々しいですね♪
食べても太らなくなりました^^
by いろは (2022-05-22 14:26) 

あるいる

mituさん

コメントありがとうございます。
ほどほどの量をじっくりと食べるのが美味いのです。
育ち盛りの頃は質より量、腹がふくれればよかったのが、年齢とともに変わって来ましたよ。
少数精鋭ではないけれど、美味いものをほどほどに、です。
旬の美味いものは飽きないのですが、近頃はそれなりに値段があがり、庶民には手が出しにくくなりました。
春のいかなご、夏の鰻、秋のサンマ、冬のブリとどれも好物ですがいつまで食べられるのやら、さて。

by あるいる (2022-05-22 14:33) 

あるいる

tommy88さん

コメントありがとうございます。
赤は写真に撮ると色飽和を起こしやすく、撮るのは難しい色です。
晴れて日射しをまともに受けているとなおさらですから、薄曇りの時を狙って露出はアンダー気味に撮るのが僕の方法です。
大阪で暮らしていた時間よりも、離れてからの時間が何倍にもなっているのですから、ふるさとの感覚が薄れてもしかたないのかもしれません。
働いて稼ぎ生活の基盤を作ったのが大阪ではないのですから、なおさらですよ。
大阪を怖く思ってしまう原因のひとつに言葉があると思うのは、僕の経験からです。
ごく普通の下町の大阪弁で育ちましたが、大阪に戻り、テレビに登場する吉本や漫才師のきついきたない大阪弁に驚いたほどです。
社内外の周りのお方の言葉にもちょっとびっくり、ときにはびびります。
小心者おやじの心臓にはよろしくありません。
こどもの頃の大阪弁、どこかに行ってしまったようです。
疲れたときには体が脂っこいものを求めます。
求められたら応えるのがオトナの勤めだとちょっとだけ応えてやります。
ちょっとだけにしておかないと、胸焼けが続いて安眠できなくなって来たからです。
ちょっとだけよ。
と、自分に云い聞かせる今日この頃です。

by あるいる (2022-05-22 14:56) 

あるいる

HOTCOOLさん

コメントありがとうございます。
「意志薄弱」を「臨機応変」と言い換える臨機応変さがすばらしいです。
「落ち着きがない」といつも通知表に書かれていた僕、「好奇心旺盛」と言い換えることにいたしましょう。
どちらも「飽きっぽい」にも使えますね。
臨機応変に好奇心旺盛。
なかなか素晴らしいですよと、納得です。

by あるいる (2022-05-22 15:01) 

あるいる

みうさぎさん

コメントありがとうございます。
財布がダイエット気味とはうらやましいです。
僕の財布は持ち主に似ないで若い頃からかわらずにずっとスリムです。
ダイエットが必要なくらいの財布に一度でいいからしてみたいものです。
と、世界平和と同じく、今日もまたないものねだりでした。

by あるいる (2022-05-22 15:08) 

あるいる

Lonesome社っ長ょぉ〜さん

コメントありがとうございます。
外科系で入院していても病院食を続けると体重が落ちますから、なおさらのことかもしれません。
入院で体重が落ちるときには、まず胸と尻から肉が落ちて来るようですから、戻すのにはちょっと大変かもしれません。
鰹のなめろう風、美味いかもしれませんよ。
刺身よりももっと薄切りにしてカルパッチョ風というのも美味いかもしれません。
ときどきヘンなモノを思いついては失敗するおやじですからアテにはなりませんけれど、ね。
こどものとき、扁桃腺肥大で切除手術から回復したとき、カレーライスが食べたくて母にたのんで作ってもらい食べました。
まだ傷口が完全にふさがっていなくて、痛みをこらえ涙を滲ませて食べたのを思い出しました。
頼んでつくってもらったのに残せないと、こどもなりの意地でした。
オトナになり、十二指腸潰瘍での入院中は二週間の絶食でした。
退院したらアレも食いたいソレも食いたいと夢想していましたが、実際に退院すると白いごはんと味噌汁が一番のごちそうでした。
育ちが出たのかもしれません。
退院されて最初に口にするもの。
一生の思い出になりそうですよ。

by あるいる (2022-05-22 15:22) 

あるいる

いろはさん

コメントありがとうございます。
食べても太らなくなったのはありがたいですよ。
食事の量がちょうどいいのかもしれません。
貧乏性おやじは腹八分目よりも、腹一杯の誘惑に負けてしまう意志薄弱おやじでもあるのです。
梅雨がやって来る前の薫風の頃、さわやかさがなんとも云えないほどに心地いいです。
子どものころよりずっと綺麗になった空気、まさしく風薫る五月です。

by あるいる (2022-05-22 15:30) 

向日葵

躑躅の柔らかいピンクと紅葉の青葉が美しいですね。
ダイエット。。もうこの何年続けているやら。。
一向に効果が出ません。。
過去に半年で20kg減らしたことがありました。
今、あれをやったら間違いなく倒れるでしょう。
若さ、って凄いです。嗚呼、若かったなぁぁ。。
by 向日葵 (2022-05-23 02:13) 

あるいる

向日葵さん

コメントありがとうございます。
これからの時期、足もとに咲く小さな花から目の高さに咲く花、見上げれば青葉やライラックと視線の先には綺麗な花や葉があふれる季節が続きます。
いろんな生きものが生きているんだと実感できる季節でもあります。
若い頃は無理なダイエットもなんとか達成できても、年齢とともに無理がきかなくなって来ているのは間違いありません。
そんな無理は危険だと気づく知恵もついてきていますし、そもそもダイエットが必要なのかな?と、判断力もあるはずです。
年齢と体に合ったダイエットがあるはずですよ。
地味に努力するといたしましょう。
僕は、今あるズボンがはければいいのです。

by あるいる (2022-05-23 04:05)